※フレームが表示されない場合はこちらをクリックしてください! (目次が表示されません)※


女流官能小説作家『鷹澤フブキ』


ようこそ 女流官能作家・漫画原作者『鷹澤フブキ』(タカザワ フブキ) のHOME PAGEへ!


2017年09月11日に竹書房 ラブロマン文庫から
書き下ろし小説「人妻みだら不動産」が発売されました♪


2017年04月10日に竹書房 ラブロマン文庫から
書下ろし小説「地元は人妻ハーレム」が発売されました♪


小説版 『魔破〜画竜点睛〜』

ボディビアスと腫瘍摘出手術

好評連載中♪     好評連載中♪     好評連載中♪

サンケイスポーツ新聞
『ソフトSMのすすめ』 (コラム記事・毎週土曜日掲載)



人妻みだら不動産  竹書房ラブロマン文庫  2017年09月11日刊

今ならここに二人きりね……


   空き物件の内見で二人きりになった時、人妻の熟れたフェロモンが男の欲望をかきたてる!
   急いで引っ越しをしたい青年の佐々木倫也は、飛び込みで入った不動産屋で
   巨乳美人の結佳に   案内され、部屋を内見しに行くことになる。
   彼は結佳と意気投合し、密室と化した空き部屋でつい一線を越えてしまうが、
   それは美人妻だらけの不動産屋で次々に誘惑される日々の幕開けだった……!
   水着の日焼け跡のまぶしい柔肌妻、知的なメガネ人妻のむっちり尻、
   そして妖艶な熟れ妻にリードされる快楽…!
   美熟の人妻たちとの肉悦を女流官能の名手が描く、誘惑の賃貸エロス長編!



地元は人妻ハーレム  竹書房 ラブロマン文庫  2017年04月10日刊

男の子は素直が一番よ……


   故郷に帰った青年を迎えてくれる、美熟人妻の肉体!
   都会を離れ地元で家業を継いだ藤原優矢は、人妻になっていた初体験相手の沙織に再会し、
   フェロモンたっぷりにリードしてもらって秘密の肉体関係を結ぶ。
   さらに優雅だが本性は淫乱妻の百合絵、夫以外の男に抱かれてみたい巨乳妻の雛子と、
   年上人妻たちは熟れた美肉で存分に優矢を楽しませてくれた。
   そんな彼女たちとの快楽経験を通じ、優矢は気まずい別れをしてしまった幼馴染の菜穂に
   再びアタックする勇気を得て……!?
   俊英の女流作家が描く、快楽の人妻ハーレムロマン!



ご購入はこちらから

amazon.co.jp

「鷹澤フブキ」or「鷹沢フブキ」で検索してください



各社からケータイ小説が発売されています

「鷹澤フブキ」or「鷹沢フブキ」で検索してください



  ト ッ プ ペ ー ジ  



mail   メ ー ル は こ ち ら ! 



neko   プ ロ フ ィ ー ル 



neko   著  書  紹  介  



  愛猫の黒猫ちゃんをこよなく愛する女流官能作家・漫画原作者です

  M男ちゃんに泡や潮を吹かせた凄腕は健在です(爆)
  M男ちゃん、M女ちゃんをリアルに逆海老吊りや逆さ吊りができる女流官能作家はわたしだけ

  睦月影郎先生、館淳一先生のご承認のもと、日本三大変態作家の末席に加えていただきました

  官能小説はエッチな人妻さん、OLさんが登場する『誘惑系』や『痴女系』、
  ウブな美少年や青年、オジサマが、見目麗しいお姉さまや熟女・美少女などに
  エッチに弄ばれる『童貞君モノ』などを得意としています

  サンケイスポーツ新聞(毎週土曜日掲載)に、ちょっとエッチなコラム記事を連載中!

  ブレーキの装備されていない暴走機関車は、日々驀進中です!



※  重  要  ※

  添付ファイル付きのメールの送付は、固くご遠慮ください!
  危険回避のため、読まずに削除しております

  ごく稀にですが、メールフィルターの関係で迷惑メールとして振りわけられてしまうことがあります
  返信メールが届かない場合はお手数ですが、再度ご連絡をくださるようお願いいたします
  メールにタイトルがない場合、メールフィルターによって迷惑メールとして振りわけられて
  しまうことがあります

  当サイトの画像を無断・無許可で、出版物に掲載・転載するという、極めて悪質な行為が
  ありました
  そのために、画像に加工を施さざるを得なくなりました

  画像が若干見づらくなってしまいましたが、ご理解、ご了承下さいませ!



※  重  要  ※

   当HPに掲載された文章、及び写真・画像などの著作権は、『鷹澤フブキ』に帰属します

   当サイトに記載された文章及び写真、当サイトのURLなどを無断・無許可で、
   他のサイト・掲示板・出版物などに記載・転載・引用することは固く禁じます!

   ご理解とご協力をお願い致します。



私も利用しています!

楽天市場




素材関係など・・・・・

      



女流官能小説作家『鷹澤フブキ』トップページ